山本甚次郎

おおいこぼち

おおいこぼちとは
茶園の覆いを落としていく事です。

新芽を摘み終わった茶樹の
剪定が終わると、
覆いを落とし
日を当て自然の状態に戻します。

覆いの簀(す)は
約600枚ほどあり、
一枚一枚丁寧に外します。
簀は5〜6年は使いますので、
覆い小屋に片付け、
藁は土に還します。

簀は雨などで濡れると
乾くまで片付けられません。
天候に左右される為
早く終わらせたいところです。

まだまだ作業は続きます。

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
12:00〜17:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等