山本甚次郎

番刈り(剪定)

お茶摘みが終わった後に、
摘み終わった茶樹を
膝丈ほどに切り揃え、
来年のお茶摘みに備えます。
昔は
成長した古い葉も収穫し、
番茶にしていたことから
番茶を刈るという意味で
番刈りと呼んでいます。
現在は
番も全て土に還しています。
数年前に一部の番を収穫し
番茶を作りましたが、
番を土に戻さなかった茶樹は
少し元気が無くなったように
思い、
現在では全て土に還しています。
来年の摘採に向けて
動き出しております。

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
12:00〜17:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等