山本甚次郎

堀井式碾茶乾燥炉

大正13年(1924)に
堀井長次郎氏により
開発された
堀井式碾茶乾燥炉は
茶業界に革命をもたらしました。
蒸した碾茶の茶葉を乾燥させる装置です。

それまでの手作業による製茶を
オートメーション化し、
より効率的に
良質なお茶を
均一な品質で作りだす事が
できるようになりました。

現在当製茶場にある
堀井式碾茶乾燥炉が最古のものになり、
大正15年(1925)製のものになります。

同じ中宇治にある
福文製茶場さんにも
もう一台現存しており、
同年のものになります。

最新の炉で出来るお茶とは
また違う独特なお茶になります。

今年で95年目の製茶。
100年目指して大切に
していきたいと思います。

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
12:00〜17:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等