山本甚次郎

深耕

秋の肥料に向けての農作業です。
摘採を終え刈り落とした番茶や、落とした覆いの藁を土壌にすき込みながら
深く掘る事で土を攪拌し肥料を効きやすくします。

当園は畝間が広く、畝間1つに一往復半機械を通します。
時間のかかる作業ですが、
昔は備中鍬と平鍬で作業していたと聞いています。
先人達の努力には頭の下がる思いです。

文明の力に感謝しながら、
より良いお茶の為に努めます。

動画はこちらを→クリック

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
11:00~18:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等