山本甚次郎

藁ふり(1回目)

本簀栽培の藁ふりをします。
骨組みのパイプを踏み外すと落ちてしまうので、捌き棒でバランスを取りながら移動します。
当園は藁ふりを二回に分けてします。
まず1回目はまだ簀が見えるくらいで藁を振って撒いていきます。
さらっとするだけでも遮光率は1割ほど増します。
新芽の成長に合わせて徐々に暗くしていきます。

室町時代の茶農家も藁を振っていたと思うと、胸が熱くなります。
今の時代に本簀栽培が出来ている事に感謝します。

■藁ふり(1回目)動画

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
11:00~18:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等