山本甚次郎

籠やぶり(お茶摘み終了)

昨日5/21に本年のお茶摘みを終了致しました。
毎年の事ながら摘み子さん達には感謝です。
籠やぶりとはお茶摘みの終わりを指す言葉です。
もうこれ以上摘みたくない!お疲れ様!
という意味があると聞いていますが、諸説あります。
亡くなった祖父が「摘み子さんは茶園の宝」と言っていたのを毎年痛感しています。
当園で行なっている本簀栽培や、手摘みは今では希少な物となってきています。
本簀や手摘みならではの”良さ”を残していきたいです。
今日からは茶園の剪定、簀の片付け、お茶の仕上げに努めます。

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
11:00~18:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等