山本甚次郎|京都宇治茶房

山本甚次郎|京都宇治茶房

藁ふり(仕上げ)

31171431_1765758003488783_4734462526656257527_n

連日の陽気から一変、雨が降って涼しいですね。暖かいお茶が飲みたくなります。
【藁ふり(仕上げ)】
連日簀の上に藁をふり、遮光をドンドンあげてきています。
簀の上で藁をふる(撒く)にあたって一番の大敵は風です。
風が吹くと思った方向に藁を飛ばせず難儀します。
今日のような雨天時は藁も濡れて風の影響を受けずにふる事が出来ます。
ただ、足場が濡れて滑りやすくリスクもあります。
何とか滑らず、落ちずに終わりました。
藁ふりもあと少し。
良いお茶が出来るよう努めます。