山本甚次郎

藁ふり

先日から藁ふりを始めています。
簀で遮光した上に藁をふり(撒く)、
伝統的栽培法である「本簀(ほんず)」の核となる葦簀と稲藁での遮光が始まります。
当園では2回に分けて藁を撒き、
新芽の成長に合わせて遮光を増して行きます。
一列一列丁寧に藁をふって、より旨味の強い茶葉の生長を促します。

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
11:00~18:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等