山本甚次郎|京都宇治茶房

山本甚次郎|京都宇治茶房

作業の紹介〜番刈り〜

18893466_1449856431745610_8838182766364824585_n

こんにちは。
遂に梅雨入り。雨の涼しい日は温かいお茶で一服です。
【作業の紹介〜番刈り〜】
新芽を摘み取った後の木を膝丈程まで刈ってしまいます。
来年の新茶に向けて、一度お茶の木をリセットしてやります。
番刈りとは番茶刈りの事なんですが、当園では番茶は採らずそのまま土に還してやります。
番茶を土に還してやると樹勢が良くなる効果があります。
勿体無い気も致しますが、より良い碾茶の為です。
この後は『覆いこぼち』に入ります。
只今この作業の真っ最中です。
葦簀(よしず)と藁を撤去していくのですが、こちらの作業は天候との兼ね合いがあり、なかなか大変な作業です。
また次回に紹介致します。
お楽しみに。