山本甚次郎

本簀栽培の見どころ『藁ふり』の紹介


こんにちは。
雨が降り、また一段と茶の伸びが良くなりそうです。
本日は本簀栽培の見どころ『藁ふり』の紹介です。
藁ふりとは本簀の上に乗って藁を撒く事で、藁の振り方や厚さで遮光率も変わってきますのでデリケートな作業になります。
当園では複数回にわけて藁ふりを行っており、動画で流れているのは1回目になります。
どれだけ丁寧にやっても、やはり藁なので強風などで飛んでしまう事もよくあります。
今日の様な雨は藁ふり直後には非常に嬉しく、雨が降って乾く事により絡み合った藁同士が固まってくれて、風に強くなります。
今年は既に簀が飛ばされる様な突風があったので心配でしたが、
今日の雨で少し安心です。
ちなみにですが、
動画の撮影、編集をしてくれているのは個人でPV制作やイベンターをされている坪井陽季来さんです。
お客様の「本簀栽培を見てみたい」という声を多数頂いていて、当園の紹介動画を鋭意制作して頂いており、その合間に作って頂きました。ありがとうございます。
本編も是非お楽しみに。

一覧へ戻る

インスタグラム

京都宇治茶房 山本甚次郎

責任者
山本甚太郎(六代目)
場所
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽36番地
最寄駅
JR宇治駅より徒歩約6分、京阪宇治駅より徒歩約8分
営業時間
11:00~18:00(金,土,日,祝日)
付近の観光スポット
平等院/宇治市源氏物語ミュージアム/宇治上神社 等